ニュース
行事・CPD案内
ガイアパラダイム・技術士東北
一分間で読める科学・技術の話
アーカイブズ
ウェブリンク集
755.歴史書、司馬遷「史記」   2020年11月10日

 司馬遷の「史記」には中国の歴史が記載されている。「史記」が伝える中国最古の王朝は「夏(か)」で、それに続く王朝が「殷(いん)」である。「殷」は紀元前1700年頃黄河中流域に起こった。当時占いに用いたのが亀の甲羅があり、それらに刻まれていたのが「甲骨文字」である。紀元前11世紀に「周」が勢力を強め「殷」を攻め滅ぼす。「周」は封建制度をつくり国を治めた。用いられていたのが「漢字」である。紀元前5世紀に「周」は衰えて、戦国時代に突入する。550年続いた戦乱の世を終わらせたのが「秦」である。紀元前221年「秦」は中国を統一し、王は皇帝を名乗った。始皇帝である。「秦」は郡県姓を採用し文字と通貨の統一を行った。しかし紀元前210年始皇帝が死去し、「秦」は15年で滅んでしまう。反乱軍が起こりそのリーダーとなったのが「楚」の武将「項羽」と、農民出身の「劉邦」であった。結果的に勝利をおさめた「劉邦」は、紀元前202年皇帝の座につく。「漢」の高祖である。以後漢帝国は400年にわたり中国を支配した。紀元25年からは後漢と呼ばれ、司馬遷が「史記」を書いたのはこの時期である。30巻に及ぶ大作である。

754.富山の薬売り   2020年11月9日

 お店で薬を売るのではなく、日本全国の各家庭を訪ねて家庭に薬を置き、使った分だけ代金をいただくシステムの「富山の薬売り」は結構昔からあった。私も子供の頃はこうした薬屋さんに、遊べるおみやげをもらえるので楽しみだった。もちろん今も存在する。始まりは、加賀百万石前田利家のひ孫の前田正甫(まさとし)が薬コレクターでもあり、さまざまな生薬が入った万病に効く薬の製造を奨励したこと。富山には「漢方薬の知識」と「新鮮な水」があった。そして薬を全国に売り歩くことにしたが、価格が高いのでなかなか売れなかった。そこで薬は置いておき使った分だけ代金を後でもらうという独自の方法に変更する。こうして売り上げを伸ばすことができた。さらに薬売りたちが考えたのがサービス充実であった。おまけとして色刷り版画をサービスしたのである。もちろん薬の説明もていねいにした。子どもたちには紙風船などを配った。お客様第一のサービス精神が、江戸から現在まで時代が変わっても続く「富山の薬売り」である。2020.06.15

753.日本書紀   2020年11月8日

 日本最古の正史「日本書紀」が完成して今年で1300年になる。日本書紀は、飛鳥時代後半に天武天皇が編さんを命じて奈良時代の720年に完成した。全30巻からなり、神代から持統天皇の退位までを描いている。文字は全て漢文で、当時東アジアで最強だった中国王朝の言語を用いた。この日本書紀は日本列島が倭と呼ばれた時代の東アジア史をも物語る貴重な史料である。3~7世紀における百済、高句麗といった朝鮮半島との争いや交流も記載される。第3巻では神武天皇が登場し、第7巻に日本武尊が登場する。第21、22巻には聖徳太子が記載される。第28、29巻に壬申の乱に勝利した天武天皇に関して記載されている。魏志倭人伝で有名な邪馬台国や卑弥呼に関する記載はない。712年には「古事記」が完成しているが、なぜ同時期に二つの歴史書が編さんされたかは、はっきりしていない。古事記は出雲神話が多く記載されていることから、出雲王権を倒したヤマト王権の物語とも考えられている。

752.ザ・ビートルズ   2020年11月7日

 あのザ・ビートルズが解散して50年が過ぎた。だが不滅の楽曲群はずっと聴きつがれている。私も大学時代には自作スピーカーでレコードやオープンリールテープで聴いていた。1957年英国リバプールの少年ジョン・レノンのバンド演奏を見たポール・マッカートニーが、バンドに加入することになった。翌年ジョージ・ハリソンが加入、1960年バンド名を「ビートルズ」にした。リンゴスターが加入して4人で1962年にレコードデビューする。1963年シングルレコード「プリーズプリーズミー」が英国で1位に、1964年にはアメリカでシングルチャート1位~5位を独占した。たった10年未満で多くの曲を残したが、その多くは「レノンとマッカートニー」名義になっている。ジョン・レノンとポール・マッカートニーという二人の天才が名曲を生んだ。1966年には4人が羽田空港に到着し6月30日から7月2日まで、それまではコンサートが禁止されていた日本武道館で日本公演を行った。1969年ジョンはオノヨーコと結婚。1970年ポールがビートルズ脱退を表明する。最後のオリジナルアルバム「レットイットビー」が発売された。ジョンは1980年に凶弾に倒れ40歳で亡くなった。ジョージは58歳で病死する。

751.国民食「カレーライス」   2020年11月6日

 本来インドの「カレー」とは、何種類ものスパイスを使いいろいろな具材を煮込んでつくる「スパイス料理」である。「カレーライス」は「ラーメン」と並ぶ日本の国民食になっている。インドを植民地にしていたイギリス人が、カレーを現地からインドへ持ち帰り「カレー粉」と「小麦粉によるとろみ」でイギリス風にアレンジした。それが日本に伝わって日本風にアレンジされたものが現在の「カレーライス」である。ちなみに私が小さいころは「ライスカレー」と呼ばれていたが、いつからか「カレーライス」になった。東京新宿中村屋のカリーを生んだのは、1915年に英国支配下のインドを逃れてきて、店の主人にかくまわれた革命家のボースである。明治の日本海軍がイギリス式カレーを採用、軍隊の食事として定着した。カレーは兵士たちによりその後日本全国に広まる。カレー粉を使う方法は手間がかかるので1950年に固形のカレールウが発売された。1969年にはレトルトカレーが発売され、2017年にレトルトカレーは市場規模でカレールウを抜いた。今や専門店の味を再現したものや日本各地のご当地カレーが、レトルトカレーとなって500種類も発売されている。

750.福沢諭吉   2020年11月5日

一万円札の肖像にもなっている福沢諭吉は、1835年に現在の大分県で下級武士の家に生まれた。小さいころから学問に励んでいた。1853年に黒船来航の知り、西洋技術を学びたいと大阪へそして江戸へ行く。アメリカに行きたいと訴えて幕府使節団に同行して咸臨丸に乗せてもらうことができた。サンフランシスコで最新の工業技術を見て驚き、さらに日本で当たり前の男尊女卑も身分制度もないことを知る。諭吉は明治5年にベストセラーとなる本を出版する。それが「学問のすすめ」である。その冒頭には「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず…」とある。その累計340万部に達したという。諭吉が勧めた学問とは「実学」であり、そこにはサイエンスとふりがながある。それは科学的にものごとを考えるであり、合理的にものごとを考えることである。諭吉は、本来人間は皆平等であるとして日本社会のしくみや日本人の心を変えたかった。そして慶應義塾大学の前身をつくった。

749.日本の無人島   2020年11月4日

 日本は世界屈指の無人島が多い国である。2015年の国勢調査によると、有人の離島は416島に対して無人島は6432島ある。そもそも島とはどういった基準で決まるのか?
(1)埋立地ではなく自然に形成された陸地
(2)周囲が100m以上の大きさ
(3)本土と幅広い構造物でつながって一体化していない
などの条件がある。無人島は国や自治体の所有が多いが、個人が所有することもある。沖縄県の尖閣諸島は2012年に国が購入するまで一部を民間人が所有していた。近年は過疎化が進み有人島が減少傾向にある。島の面積で比較すれば、1位:択捉島、2位:国後島、3位:沖縄島、4位:佐渡島、5位:奄美大島、6位:対馬島、7位:淡路島、と続く。1位と2位は北方四島であり、3位の沖縄は島ではなく本島の一つという考えもある。北海道も島ではない。電気も水道もない無人島の体験ツアーも人気があるらしい。

748.太陽系の惑星   2020年11月3日

太陽系には8つお惑星がある。水星、金星、地球、火星の4惑星は地球型惑星と呼ばれ、表面が岩石などでおおわれる。木星、土星、天王星、海王星は、木星型惑星と呼ばれ、木星と土星は表面が厚いガスの層からなる巨大ガス惑星であり、天王星と海王星は巨大氷惑星である。水星は大気がほとんどなく、太陽に近いため太陽側の温度は400℃にもなる。金星は大きさや質量が地球に似るが、大気の主成分は二酸化炭素で大気圧は90気圧もあり、温室効果で表面温度は500℃にもなる。火星は大気が薄く、かつて表面には水があり温暖湿潤だったとされる。木星は水素とヘリウムが主成分の厚い層をもつガス惑星である。水素とヘリウムのガス層の内側には金属の性質をもつ水素の層があり、中心には核がある。土星は美しいリングを持つ。リングは数センチから数メートルの氷のかたまりからなる。リングの厚さはおよそ100mと薄い。天王星は水素とヘリウムからなるガス層の内側に氷の層を有し、中心に核をもつ。海王星も天王星と同じ氷惑星で表面にメタンがあって青く見える。火星軌道と木星軌道の間には多数の小惑星がある。はやぶさが微粒子を持ち帰ったイトカワもその一つ。水星と金星を除くすべてが衛星を有する。

747.物質の元素   2020年11月2日

 紀元前古代ギリシャの哲学者エンペドクレスは、この宇宙は「水」「火」「空気」「土」の4つでできているとした。この4つの基本元素という考えは、その後2000年にわたり西欧の科学思想を支配した。一方で古代ギリシャの哲学者デモクリトスは、「全ての物質は小さな粒子からできている」と唱えたが誰も信じなかった。イギリスの科学者ジョンドルトンが、気体が水に溶けるのは水を構成する粒子のスキマに気体の粒子がはまることではないかと考えて1803年「原子説」を唱えた。それもすぐには受け入れられなかったが、やがて物質が小さな粒子からできていると考えるといろいろな現象が説明できることがわかってきた。物質を構成する基本的な粒子を「原子」という。今では当たり前のように思われていることだ。原子は、新しくできたり、なくなってしまったり、別の原子に変わったりすることがない。原子は種類によってその大きさや質量が決まっている。例えば酸素原子は水素原子に比べて大きさは2倍、質量は16倍である。原子の大きさは非常に小さく、2センチの中にアルミ原子は1億個並ぶ。

746.信長の安土城   2020年11月1日

 「城」は敵の攻撃から守るための要塞である。織田信長以前における「城」とは、山の地形を生かした「山城」のことであった。すなわち高い石垣や天守閣はなく、周囲を柵や土塁や堀で囲った簡素なものであった。NHK「麒麟が来る」の場面に出てくる美濃の稲葉山城がそれである。信長の安土城は、天守閣を中心とする本格的な近世城郭の最初であり、初めて石垣に天守が載った城である。5層7重の天守閣を有する豪華絢爛なものであったという。天守の高さは約32mと巨大であった。天下統一を知らしめる象徴として見せつける意味がある革命的な城であった。1579年に完成したが、1582年に本能寺の変で信長が死んで同じ年に安土城も焼失した。その後城が再建されることはなく、現在は外構、礎石と石垣の一部等が残るのみ。天守の屋根の上に初めて「しゃちほこ」を載せたのも安土城であった。「しゃち」は頭が虎か龍で胴体が魚の中国の空想上の生き物である。尾を鉾(ほこ)のようにそり上げた。豊臣秀吉が信長スタイルの継承した大阪城をつくり、全国で同様の城が建造されていく。