佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)
« 1 ... 20 21 22 (23) 24 25 26 ... 32 »
 2016/07/01 (528 ヒット)
 最近のテレビ番組を見ると「食べ物」に関するものばかりという印象がある。消費支出に占める食料品の割合を示すのがエンゲル係数だが、総務省の家計調査データでは、2人以上世帯のエンゲル係数は25.6%と高い水準だった。イオンの岡田社長は「今の日本では食べることしか楽しみがなくなってしまった」と発言。本当にそうなら悲しいことだ。

 2016/06/30 (580 ヒット)
 花火を見ているとき、実は花火は音のほうが光よりも先に出ているのだが、光から遅れてドンという音が聞こえる。音の速度は空気中では秒速340m。一方光の速度は秒速30万kmだから、光は圧倒的な速度で音を追い抜く。音は空気の振動であるが光は電磁場の振動である。音は真空中では伝わらないが、光は真空中でも伝わっていく。光の速度は真空中でも空気中でもほぼ同じ。音の場合は、空気中では秒速340mであるが、水中では1500m、鉄の中だと6000mと速くなることは意外に知られていない。

 2016/06/29 (521 ヒット)
 1516年にドイツで制定されたビール純粋令は、ビールの原材料を「麦芽、ホップ、水、酵母のみ」と定めた。食に関する法律で現存する世界最古のものである。麦芽とは主に大麦を発芽乾燥させたもので、日本では麦芽の大部分をカナダやオーストラリアから輸入している。ホップは多年草つる性の植物である。ホップも多くはドイツやチェコなどから輸入する。粉砕した麦芽とお湯を混ぜて過熱して麦汁をつくる。麦汁の糖分をアルコールと炭酸ガスに変える工程が醗酵で、酵母が使われる。その後タンクで数十日間貯留熟成する。ただ市販されているビールの多くは他に米やコーンスターチなどを含む。

 2016/06/28 (484 ヒット)

 天然除虫菊が虫を殺すことは昔から知られていた。130年前に和歌山の農家がヨーロッパ原産除虫菊の栽培を始め、除虫菊の種を粉にしてのりで固めて線香にしたら、蚊の退治に効果があることを確認し商品化した。その後燃える時間を長くするために渦巻きの形になった。1945年に除虫菊の有効成分6種が明らかになり、10年後人工的な物質を木の粉に練りこんだ現在の蚊取り線香がつくられるようになった。最初に商品化に成功したのがキンチョーの大日本除虫菊株式会社である。


 2016/06/26 (484 ヒット)
 NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が幼少期を過ごしたのは浜松。主人公の通学路でロケも行われ大井川にかかる「蓬莱橋」は、世界一長い木造歩道橋として1997年にギネス認定を受けた。長さ897.4mは「厄なし」に通じるとか。幅は2.4m。橋ができたのは1879年(明治12年)、今も現役の農道で通行料100円とか。

 2016/06/25 (482 ヒット)
 東日本大震災の津波で全壊した岩手県久慈市の水族館が5年ぶりに復活オープンした。日本で唯一の地下トンネルを使った水族館「もぐらんぴあ」である。国家石油備蓄基地の作業トンネルを活用して1994年に開業した。地下3mにあり敷地700平方mは国内水族館で最小。久慈は一時期NHK「あまちゃん」で有名に。その後観光客数は減少を続ける。
 

 2016/06/25 (571 ヒット)
 日本のトキは1952年に国の特別天然記念物に指定されたが、乱獲や開発などで激減して自然界でひなが巣立ったのは1974年が最後になった。2003年には国産最後のトキが死んだ。そこで中国から送られたトキを人工繁殖しての放鳥が行われ、2012年に放鳥されたトキから初めてひながかえった。今回、ともに自然の中で生まれ育ったトキのペアからひなが生まれたことが確認された。日本において自然界でのひな誕生は40年ぶり。(その後このヒナは死んでいることが確認された。)
 

 2016/06/24 (545 ヒット)

 自動車のナンバープレートには地域名の右に自動車種別分類番号がある。大型トラックなどは上一桁が「1」、バスなどは上一桁が「2」、排気量2000ccを超える乗用車は上一桁が「3」、小型トラックなどは上一桁が「4と6」、排気量2000cc以下の乗用車は上一桁が「5と7」になっている。特殊用途自動車は「8」で大型特殊自動車は「9」になっている。台数増加により桁数は増加してきた。
 


 2016/06/24 (536 ヒット)

 JR東日本は2016年3月期の連結営業利益が過去最高を更新する。北陸新幹線は開業2年目を迎えても客足は衰えない。北海道新幹線も青森から新函館北斗間は乗車率が低迷するが、JR東日本の東北新幹線は利用者増の恩恵を受けている。新幹線の売上高営業利益率は驚異の40%である。「新幹線の特急料金は高すぎる」といつも思うが、それでも使わざるを得ないのが弱い。


 2016/06/23 (532 ヒット)

 円周率は無限数字がランダムに続いている。円周率は古くから計算され、紀元前2000年頃の古代バビロニアでは3.12とされていた。紀元前200年代のアルキメデスは正96角形を用いて3.14と求めた。円周率の数値は18世紀に100桁を超え、20世紀になってコンピューターの登場で桁数が大きくなった。2009年高橋教授が2兆桁を超え、最近では近藤氏が12兆桁を達成した。何かに有効に使えるわけでもないが。


 2016/06/23 (546 ヒット)

 2001年にJR東日本がICカード「SUICA」を導入してから、国内市場にICカードが一気に普及した。ICカードの多くはソニーが開発したFeriCaという技術を使っており、非接触で情報のやりとりができる。ICカードにはICチップとアンテナが入っており電池は入っていない。しかし読み取り機からの磁界により「電磁誘導の原理」で、ICカードの中で電流が流れる。読み取り機は強弱磁界の繰り返しからなる情報を発信し、ICチップはその磁界の変化を検出する。ICチップ側からも磁界の変化を出力する。


 2016/06/19 (563 ヒット)
 ヘリコプターの特徴は、空中で停止状態(ホバリング)可能で、ホバリング状態から垂直方向や水平方向に飛行可能であり、狭い場所でも離着陸できること。それを可能にする技術として、回転翼(ローター)の迎え角(ピッチ角)と回転面の傾きを飛行中に可変できることがある。ヘリコプターは災害救助などでも必須の装置だが、騒音が大きいことが欠点。

 2016/06/19 (578 ヒット)
 クラウドサービスの普及やビッグデータ分析の拡大などでデータ量が膨大になり、多くの企業はデータセンターを利用している。そのデータ量はどんどん増加している。日本の年間総電力量の1~2%をデータセンターが消費しているという。データ処理に伴って発生する熱の冷却にも電力が消費される。膨大になるデータの処理と電力は密接である。

 2016/06/18 (580 ヒット)
 浜松ホトニクスは1953年に6人で創業した技術力の企業である。光を電気信号に変換する「光電変換技術」を中核に、光電子増倍管では世界シェア9割を握る。売上高営業利益率は20%を誇る。現在は世界最大の直径50センチ大口径増倍管を製造中である。これは中国からの受注で、素粒子実験用に1万6500本を納入予定という。

 2016/06/17 (551 ヒット)

 糖尿病患者が世界中で増えているそうだ。2015年世界の糖尿病人口は、4億1500万人にのぼった。日本の患者数は国別9位の720万人。1位は中国、2位はインド、3位は米国、4位ブラジル、5位ロシアと続くが、10位以内に欧州諸国は入っていない。テルモは血糖値測定器を販売している。スマホより一回り小さいサイズで高齢者も使いやすい。ただ測定のたびに指に針を刺して血液を採取する必要がある。


 2016/06/16 (552 ヒット)
 日本人の、2015年の一世帯あたりコメへの支出額は2万1869円でこれは減り続けており、一方パンへの支出額は約3万円でこれは増加しているとのこと。食生活の多様化といえばそれまでだが、日本人が米を食べなくなって食料米の需給はコメ余りになっている。そういえばパンの場合は、食パン以外にも惣菜パンや菓子パンなどバラエティーに富んでいるなあ。コメの場合もおにぎりや寿司があるか。

 2016/06/16 (550 ヒット)

 自動車メーカーのマツダは、2012年3月期まで4年連続で赤字を計上していたが、最近は好調を維持している。スカイアクティブと呼ぶ新世代ディーゼルエンジンと独自のデザインが高い評価を得ている。各社がハイブリッドや電気自動車へシフトしていた時代に、内燃機関の性能向上に集中した。その結果NOxを低減するディーゼルエンジン開発に成功した。マツダは確かに「他社と同じことはしない」という文化がある。


 2016/06/15 (551 ヒット)
 江戸時代屈指の名君といわれる上杉鷹山(ようざん)は、1767年に17歳で山形県の米沢藩15万石の第9代藩主となった。当時の米沢藩の借金は20万両もあり、破たん寸前だったが鷹山は改革を断行した。大倹約令を発表し聖域を設けずありとあらゆる倹約を実行した。藩主の生活費はそれまでの1割に減らした。新田開発を促し新しい事業を興した。有名なことばに「なせば成る。なさねばならぬ、何事も。成らぬは人のなさぬなりけり」がある。これは武田信玄の名言を模範にした。

 2016/06/14 (569 ヒット)
 旧ソ連で発生したチェルノブイリ原発事故から30年になる。この事故は世界の原子力産業に、「何よりも安全を重視」する意識を与えた。しかし日本では、「チェルノブイリは社会主義国の特殊な原子炉で起きた事故」といった見方が強かったのではないか。津波への配慮が欠けて福島原発事故を招いた。チェルノブイリがあるウクライナは、事故後も原発を推進し今も国内で15の原子炉が稼働して、電力の半分を原子力に依存している。

 2016/06/13 (552 ヒット)
 道路を走行するタイヤが音を出して音楽が聞こえてくる「メロディーロード」がある。例えば北海道の道路では「知床旅情」が聞ける。これは、道路に横方向の細い溝が切ってあり、音の高低は溝の粗密で構成し音の長さは溝の区間距離でつくっている。溝を密に掘ると高い音が出て、溝をまばらにすると低い音が聞こえる。最適な速度にすると良く聞こえることからスピード違反防止にもなるという。

« 1 ... 20 21 22 (23) 24 25 26 ... 32 »