TOP : 645.地球温暖化と異常気象
 2020/07/25 (46 ヒット)

 異常気象が日常になりつつある。大雨、洪水、台風、ハリケーン、干ばつ、熱波……などが、人々の暮らしをおびやかしている。こうした「気候危機」は人間自身が引き起こしているとされる。「あいつぐ異常気象は温暖化なしには起こりえない」といった、科学的な研究結果が相次いで発表されている。米海洋大気局は、今年の7月は世界平均気温が観測史上最も暑い月だったと発表した。日本でも気象庁気象研究所が、昨年夏の記録的猛暑は温暖化がないと起こる可能性はほぼゼロだったと推定した。米保険会社によると昨年の自然災害による世界の経済損失は2250億ドルに上るという。国内でも、保険会社による2018年度の自然災害保険金支払額は、1.6兆円で過去最高になった。私たちはすでに、産業革命以降平均気温が約1℃上昇した世界に生きている。パリ協定での1.5℃未満にするという努力目標はもうすでに達成できそうにない。2019.10.23