TOP : 452.インドと仏教
 2019/09/06 (12 ヒット)

 紀元前2500年頃インダス川流域でインダス文明が始まったが、紀元前1800年頃には衰えた。アーリア人が侵攻して新しい文明をつくる。そのアーリア人が信仰したのがバラモン教であった。このバラモン教は厳しい身分制度をもつものだった。バラモン教に対して新しい宗教も登場するようになる。そんな中、シャカ族の王子として生まれたゴータマ・シタルダは、紀元前6世紀人生や生死を真剣に考えるようになり、29歳で出家する。35歳の時ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開く。これ以降ブッダと呼ばれる。現在東南アジア最大の仏教国はタイである。他にもカンボジア、ベトナム、ミャンマーなど仏教が盛んな国がある。こうした周辺地域に仏教を広めるきっかけを作ったのは、アショカ王である。仏教は中国から朝鮮半島を経て6世紀には日本にも伝わった。世界に約4億人の仏教徒がいるという。だが現在のインドでは8割以上がヒンドュー教であり、仏教徒は1割に満たない。インドでは5世紀ごろにバラモン教がヒンドュー教に変化して、王権に近づいて勢力を広め仏教徒を吸収していったのである。