TOP : 540.ホモサピエンス
 2020/03/16 (85 ヒット)

 現在地球上に住む全ての人類は同じひとつの種「ホモサピエンス」である。約20万年前頃までに、新人ホモサピエンスがアフリカにおいて旧人から分かれたと考えられている。そして約6万年前にいくつものグループがアフリカを出て世界中に拡散していったと考えられている。約4万年前にヨーロッパに進出したホモサピエンスは、そこで旧人ネアンデルタール人と遭遇する。そのネアンデルタール人は約3万年前に地上から姿を消した。ホモサピエンスにとってかわられたのである。ホモサピエンスは2万年前にはシベリアからアメリカ大陸にも渡り、ネイティブアメリカンとなった。化石人骨に残ったDNAを分析できるようになり、ネアンデルタール人のゲノムも解読された。その結果、ホモサピエンスはネアンデルタール人と何度も交雑し、そのゲノムの一部が現代人にも受け継がれていることが明らかになった。ネイティブアメリカン以外の現代人では、ゲノムの1~4%がネアンデルタール人に由来することがわかった。非常に興味深い話だ。