日本技術士会東北本部

588.埼玉県の地下神殿

 以前テレビで見たことがあり、元気ならぜひ行ってみたいのが埼玉県の「地下神殿」こと「首都圏外郭放水路」である。映画など各種撮影に引っ張りだこの場所。多くの観光客も訪れる。調圧水槽は地下22メートルにあり、高さ18メートル重さ500トンの巨大な柱が、59本整然と並び、そのさまは「地下神殿」と呼ばれる。そこにある大きな穴「第一立坑」は、自由の女神がすっぽり入るという深さ70メートル内径30メートル。首都圏外郭放水路は、長さ6.3キロ、直径10メートルの地下トンネルと5つの立坑からなる。大雨などで付近の中小河川が増水した際に、立坑から水を取り込み調圧水槽で勢いを弱めてから江戸川に配水するための設備である。調圧水槽が処理する水は最大で1秒間に200立方メートル、25メートルプールを1秒で空にできる能力。4台の巨大ポンプは1台が1万4000馬力。

青森県支部 岩手県支部 宮城県支部 秋田県支部 山形県支部 福島県支部
クリックすると各県支部のHPが開きます。
技術士試験を受けよう
活躍する技術士
様々なビジネスや社会活動でのシーンを
ご紹介します