日本技術士会東北本部

534.日本のおみやげ文化

 外国人は日本に来ると、日本のおみやげ店の大きさや、おみやげの種類の多さに驚くという。お土産大国ニッポンである。日本人は旅に出れば親戚や友人に配るためにたくさんのお土産を買う。観光地に行けば写真を撮って行った気分になり、次にやるのがお土産買いに多くの時間をかける。修学旅行でも新婚旅行でも、餞別などのお返しにお土産探しをしなければならない。また昔からに日本には、他の家を訪ねるときは手土産を持っていく文化があった。そもそも江戸時代には、旅としては「社寺へのお参り」が許可されており、神社等で購入したお札を持ち帰って地元の仲間に配ったことが、お土産の始まりらしい。現在、日本のお土産市場規模はおよそ5兆円で、そのうち1.4兆円は外国人観光客が担う。アメリカにはこうしたおみやげ文化はないが、ニューヨークの空港には、日本人観光客のためにNew Yorkの文字や写真が表示されたお土産が販売されている。そしてそれらはMade in USAではない。その多くはチョコレートである。

青森県支部 岩手県支部 宮城県支部 秋田県支部 山形県支部 福島県支部
クリックすると各県支部のHPが開きます。
技術士試験を受けよう
活躍する技術士
様々なビジネスや社会活動でのシーンを
ご紹介します