日本技術士会東北本部

232. ねじの日

 6月1日はねじの日である。1949年6月1日に日本工業規格JISが定められたことに由来する。ねじは最も古くから標準化が進められた機械要素である。1543年にポルトガル人が種子島に漂着した際、領主は2挺の火縄銃を買い入れた。刀鍛冶の八坂金兵衛が命じられてその製造方法を研究し、同じものをつくりあげる。この銃に「尾栓のねじ」が使われており、日本人が見た最初のねじとされている。金兵衛は雄ねじは簡単に作れたようだが、雌ねじの製造には苦労したらしい。

青森県支部 岩手県支部 宮城県支部 秋田県支部 山形県支部 福島県支部
クリックすると各県支部のHPが開きます。
技術士試験を受けよう
活躍する技術士
様々なビジネスや社会活動でのシーンを
ご紹介します