日本技術士会東北本部

23.プリントゴッコ事業終了

 我々の競合である理想科学工業の名前を一気に世間に知らしめた、記念すべきヒット商品の「プリントゴッコ」ですが、2012年12月をもってついに理想科学は35年間に及ぶこの事業を終了させました。若い人にはなじみがないでしょうが。
 年賀状印刷において一つの時代を創ったすばらしいアイデア商品でした。「プリントゴッコ」という名前は、当時の社長羽山昇が皆の反対を押し切って命名したものです。1977年9月にプリントゴッコB6は発売されました。
  家庭で誰でも手軽にカラー印刷の年賀状が作れるということから、年賀状印刷の季節になると日本全国で販売推進が進められ、購入されていきました。カーボン 筆記原稿にピカッと光るフラッシュ光を当てて、その発熱によりマスタフィルムに穿孔製版し、次にそのマスタに色とりどりのインクを載せてはがきの上に押し 当てるだけでカラー印刷ができるという優れものでした。
 1996年には累計販売台数1000万台を達成しました。しかし時代の変化は厳しいものでパソコンとカラープリンターの普及により競争力をなくして、2008年に本体の販売を終了し、このたびサプライとサービスも終了になったのです。

青森県支部 岩手県支部 宮城県支部 秋田県支部 山形県支部 福島県支部
クリックすると各県支部のHPが開きます。
技術士試験を受けよう
活躍する技術士
様々なビジネスや社会活動でのシーンを
ご紹介します