TOP : 337.かんぴょう
 2017/12/10 (49 ヒット)

 巻き寿司やチラシ寿司などの料理には欠かせない食材である「かんぴょう」、昆布巻きのひもにも使われる。かんぴょうは、ウリ科も植物である「ユウガオ」からつくられる。そのユウガオは夏の今が収穫時。生産地は栃木県がダントツで9割以上のシェアを有する。畑で小さな実のときにこれを立ててやることで、まん丸い形にする。果実は大きさが25~30センチ、重さ6~8キロのものを収穫し、中央に鉄の棒を刺して機械にセットして回転させる。外側から刃を押し当ててまず外皮をむき、その後にかつら剥きの要領で細長いひも状にむいていく。中央部はタネがあるので使えない。そしてこれを乾燥させて出荷する。低カロリーで食物繊維に富み、カルシウムやカリウムも豊富という。