TOP : 322.仙山線と作並
 2017/10/14 (85 ヒット)

 仙山線は1929年にまず仙台―愛子間で開業し、その後奥羽山脈を貫く全長5300メートルのトンネルが完成し、1937年に全線開通した。今年はそこから80年になる。そのJR仙山線の作並駅には、まだ蒸気機関車の時代に折り返し運転をするために、機関車を方向転換させるのに使われた「転車台」があり長く忘れられていたが、2014年に発掘された。そしてこの転車台など9つの施設が土木遺産の認定を受けた。作並には1981年に開園した「仙台ハイランド遊園地」があった。年間利用者数10万人を記録したこともあったが、2015年に閉園した。現在は跡地を地用した太陽光発電所が計画中である。園内にあった観覧車は、楽天イーグルス「Koboパーク宮城」に移設されて、げんざい活用されている。