広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

315.閉ざされた異世界「祇園」
2017/09/22 (31 ヒット)

 京都の「祇園」といえば日本一のお茶屋街である。その祇園の様子をテレビで見た。200年続くお茶屋「富美代」の8代目おかみさんを追ったNHKの番組である。祇園のお茶屋は、肩書では入れず、お金を積んでも入れない「一見さんお断り」が多い。 なじみ客の紹介が必要だ。「富美代」ののれんをくぐれるのは一流の証という。「富美代」の代々のおかみは、結婚することを許されないが、長女を設けて後継者に育て上げることを求められる。未婚のまま娘を生むか、養女を迎えるしかない。舞妓は芸妓を姐さんと呼んで目標にして、美しくあり続けながら芸の鍛錬をする。舞妓も芸妓も結婚することを許されない。自分の全てをお客さんに捧げる。祇園の女性たちは、一般の女性とは異なる世界を生きていることに驚いた。