広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

312.生物の分類と数
2017/09/15 (29 ヒット)

 地球上の生物は現在約200万種類とされる。それらは極微の単細胞生物から、体重160トンのシロナガスクジラまでさまざまである。これらの生物は3つのドメインと5つの界で分類されている。3つのドメインとは、「真正細菌」「古細菌」「真核生物」。「真正細菌」は大腸菌やシアノバクテリアなどで、地球上で数量的には最も大量に存在する。種類数では「真核生物」がほとんどを占め、およそ200万種からなる。この真核生物で昆虫は、全動物中の8割以上を占め100万種と推定されている。地球は「虫の惑星」ともいえるのだ。真核生物の中の動物の中に「人類」も含まれる。200万種という数は明らかになっている分だけなので、実際はそれよりはるかに多いらしい。