広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

308.車に付ける表示マーク
2017/09/05 (21 ヒット)

 運転時に車体の外部に付ける表示マークとしては、以下の4つがある。(1)初心運転者標識、(2)高齢運転者標識、(3)聴覚障害者標識、(4)身体障害者標識、である。(1)はいわゆる若葉マークで、免許所有歴が1年未満の人がつける。(2)は4色からなるマークで、70歳以上で運転に影響を及ぼす身体機能低下がある人が付ける。(3)は蝶のデザインマーク、(4)は四つ葉のクローバーマークで、いずれも障害を理由に免許に条件がある人が付ける。この中で(1)と(3)は、表示していないと罰則があるが、(2)と(4)は「表示に努めること」とされている。またこれらの表示がある車に対して、危険行為の運転をすると違反になり罰則がある。