TOP : 295 原子の大部分は真空という話
 2017/07/30 (64 ヒット)

 私たちの日常に真空の場所は少ない。しかし実は身の回りは真空に満ちている。たとえば空気は、窒素分子や酸素分子からできているが、分子と分子の間の空間には何もない。「物質がない」ので真空である。水素分子の中を見れば、中心に原子核がありその大きさは原子の大きさの10万分の1である。周囲を飛び回る電子はさらに小さいので「原子の大部分は何もない真空」といえる。分子の間や原子の中はスカスカの状態なのである。私たちの体も周りの物質も、微細に見ればそのほとんどは真空なのである。通常そこまで意識する必要はないが。