広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

275.所得税について
2017/04/27 (65 ヒット)

 所得税は、まず事情に合わせた「所得控除」分を引き、残った「課税所得」に税金がかかるしくみだ。所得控除としては、まず全ての人に(1)「基礎控除」がある。会社員や公務員では(2)「給与所得控除」がある。年収103万円以下の配偶者がいれば(3)「配偶者控除」がある。扶養している子供や祖父母などがいれば(4)「扶養控除」がある。さらには「社会保険料控除」や「生命保険料控除」「医療費控除」などもある。こうした控除分を引き、残った「課税所得」に税率をかける。税率は所得が増えるほど高くなる。195万円以下なら5%、これを超えて330万円まで10%、これを超えて695万円まで20%など。