広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

274.トヨタカローラ半世紀
2017/04/20 (7 ヒット)

 世界で4400万台売れたトヨタ自動車のカローラが、その発表から半世紀になる。「自動車をみんなのものに」をめざした大衆車であり、大衆車とは何かを追い求めた車でもあった。当時は大卒初任給が3万円に満たない時代、40万円台という価格だった。50年前には約50人に1台しかなかった国内の乗用車は今、ほぼ2人に1台になった。発売3年後から33年連続で国内販売の首位を維持した車である。国内では大衆車の主役をプリウスやアクアに譲ったが、海外では今も主役として健在で12の国と地域で生産されている。