TOP : 265.スマホの振動バイブ機構
 2017/02/24 (162 ヒット)

 スマホの着信音の代わりに使われているのがバイブレーション(振動)方式である。これはモーターの先に分銅(ふんどう)が付いていて、重心が偏った状態で分銅が高速回転することにより振動が起こり、それがスマホケースに伝わるようになっている。分銅の直径は4ミリと小さいが、スマホの平面に垂直の方向にふるえるように工夫されている。1980年代のポケベルが使われていた時代に、この振動方式は開発された。主たるメーカーは日本電産やシコー技研。