広報委員 佐藤光雄(技術士:機械、宮城県)

264.飲料等の糖分表示
2017/02/22 (67 ヒット)

 コーラやジュースなどの飲料では、原材料表示欄に「果糖ブドウ糖液糖」といった表示があるが、私はこれまでよく理解していなかった。これは「異性化糖」という液糖であり、トウモロコシなどのでんぷんを原料にして、酵素の働きによってブドウ糖に変換しさらに果糖に変換したものである。表示が「ブドウ糖果糖液糖」とあれば果糖の割合は50%未満だが、「果糖ブドウ糖液糖」とあれば果糖の割合は50%以上90%未満になる。砂糖の甘味度を100とすると果糖は120~170である。つまりより甘味度を上げるためには「果糖ブドウ糖液糖」を用いることになる。ちなみにガムシロップは「果糖ブドウ糖液糖」そのものである。「果糖ブドウ糖液糖」は温度が低いほど甘いので、清涼飲料水など冷たい飲み物によく使われる。