組織の役割と主な活動内容

政策事業委員会

役割 ・総会・研修会の企画、準備、実施に関する事項
・東北本部組織活動に係わる調整に関する事項
・技術士の倫理問題に関する事項
・会員の表彰等の候補者選定に関する事項
活動内容 ・総会及び合格祝賀会開催日、場所、予算、参加者の受付、研修会のテーマ及び講師の選任
・東北本部規則・手引きの見直し
・旅費規程の策定
・役員選挙規定の策定
・問題の発生時の対応
・日本技術士会会長賞受賞者選任について

広報委員会

役割 ・会員への情報提供
・会員相互の情報交換
・外部に対する技術士制度や技術士活動の認知度向上
活動内容 ・本部会誌「ガイアパラダイム技術士東北」の編集・発行とその外部配布
・統括本部会誌「技術士」への東北本部活動予定の報告と東北本部会員への投稿支援
・東北本部ホームページの管理運営

CPD委員会

役割 東北本部内のCPD*活動、関係学協会とのCPD関連情報の提供・交換等を通じ、東北各県に在住する全ての技術士のCPD活動を支援するとともに、CPD活動の啓蒙・普及を行う。
(1)CPD活動の総合調整(主催者、開催地、時期、研修テーマ等)
(2)CPD活動の企画・運営
(3)CPD活動の啓蒙・普及
(4)CPD実施結果(課題・予算・参加人数等)の把握・管理
(5)本部CPD委員会との連絡・調整
活動内容 ・東北本部CPD活動年間スケジュールの作成
・CPD活動実績の集計、分析

青年技術士交流委員会

役割 専門分野に係わる研鑽と他部門分野との、相互コミュニケーションの強化による、会員各自の専門技術力の向上と見識拡大への貢献
活動内容 毎年5月に総会、年間2回の勉強会
技術士試験監督員の慰労をかねたビアパーティを開催。
その他、東北本部行事の会場設営や運営の支援

防災委員会

役割  本委員会は、大規模災害発生に際して、技術士会として組織的に災害対応活動を行い、社会貢献への寄与を目的として、平成15年4月に発足し10名の幹事で運営しています。
さらに会員を募り、各自の専門等より5つのワーキング毎に活動したいと考えています。
活動内容 ・東北支部管内の防災に関する情報収集を行ない、地域防災の諸問題を調査研究する。
・防災に関する研修会、セミナー、後援会の実施
・防災ボランティア組織の設置
・大規模災害発生に際し、現地防災会議の設置と運営
・大規模災害の被災状況の調査と提言
・その他、本研究会の目的を達成するために必要な活動

倫理研究委員会

役割 技術士倫理の啓発
技術倫理及び技術者倫理の調査・研究
活動内容 ・倫理問題・課題に関する月例会の実施
・技術者倫理研究会事例発表支援
・大学・高専への講師派遣など

ITS研究委員会

役割 ITS技術の研鑽と地域貢献
活動内容 ・研究会・見学会の実施
・研究委員会メンバーのスキルアップ研修の実施
・ITS機器や情報システム等の改善のための研究など

建設部会

役割 会員のCPDに関わる活動
活動内容 研修会・講演会や現場見学会の企画運営
支部全体の行事に対する支援

農業部会

役割 東北本部農業部門の技術士で構成され、研修、情報交換を中心に活動。
活動内容 研修会・講演会や現場見学会の企画運営…年3~4回 CPDに関る行事の支援。

技術情報部会

役割 会員のCPDに関わる活動
活動内容 部門にこだわらない共通の話題をえらんで講演会を開催

衛生工学・環境・上下水道部会

役割 近年は衛生工学分野、環境分野や水道分野関係の専門分野を取り巻く情勢も大きな進展を見せており、これに伴いこれらに関する技術分野も新たな展開をしております。また、公益社団法人日本技術士会は現下の科学技術の発展に鑑み、技術士の一層の資質向上を図るためPDC活動を展開しております。衛生工学部門、環境部門と上下水道部門に属する技術士も諸情勢に対処するために、更なる研鑽と努力が必要となってきました。
しかし、衛生工学部門、環境部門と上下水道部門単独では、会員数も少なく、有意義な活動も行うことができないと予想されます。衛生工学部門と環境部門は隣接技術分野で、英訳もそれぞれEnvironmental eng.とEnvironmentと類似しております。また衛生工学部門には屋内給排水を主とする建築環境施設と水質管理の2つの選択科目があり、上下水道部門との関連も深く、同じ部会として活動を進めていくこととしました。
活動内容 設立準備発起人会と部会総会を経て、年内を目途に発足することになっております。他の部会との協調をはかり、研修会や見学会等を実施する予定です。

電気電子部会

役割 会員への情報提供
会員相互の情報交換
会員の技術力向上のためCPD活動への援助
活動内容 東北本部ホームページ、メール等を通じての情報提供
研修会・見学会等の開催による技術力向上と会員へのCPD活動への寄与
情報交換会の開催

応用理学部会

役割 【役割と目的(規約2条)】
1)専門技術の観点から技術士会に協力する。
2)技術士の職業倫理の確立と地位の向上を図る。
3)部会員の技術の向上を図る。
4)部会員相互の親睦を図る。
5)専門技術を通し地域社会へ貢献する。
活動内容 【活動方針】
社会の要請に基づき「地盤防災と地盤環境」をメーンテーマに掲げて活動する。また、5)の目的を達成するために技術的観点から地方行政活動に協力するとともに、一般市民への啓蒙活動を行う。